事業案内

ホーム > 事業案内 > プロパティマネジメント > リーシング

プロパティマネジメント

リーシング(募集計画立案・実行)
以下の項目を見直して改善策を提案、空室を解消するとともに空室の発生を未然に防止します。


1.募集賃料の決定
2.募集方法
3.物件の管理状態
4.設備・間取りの課題
5.入居者満足度向上施策
6.近隣調査
7.近隣産業・人口
 
募集賃料設定
線密な市場調査により賃料等の募集条件を決定します。対象物件に近い物件を数棟比較検討し、比較物件と比べた良否により賃料条件を設定、提案を行います。
入居募集活動
当社ではPM業務を行うにあたり、空室の入居募集を最優先と捉えており、キャッシュフローの最大化を目指す上で、最も重要であると考えております。

レインズ・インターネットを使った募集活動はもちろんのこと、地域の賃貸業者へも積極的に情報提供・収集を行っております。弊社関連会社は東京で賃貸業務を行っており、法人企業への営業を積極的に行い、法人客誘致の連携も常に行っております。
監査業務
審査のポイントは、そこに居住すべき確かな理由が存在するかどうかです。

入居率を上げるために無理な入居をさせるのではなく、長期的な展望で判断し、入居者を選択いたします。  
空室期間を短く、より高い家賃で、お部屋を成約することは大切なことです。しかし、「良いお客様」に長くご入居していただくことも大変重要なことです。家賃滞納は当然のこと、契約違反やマナー違反等、他の入居者様に迷惑を掛けるようなことがあっては、かえって優良な入居者様の退去が発生しかねません。仮に仲介業に重きをおく会社や、仲介店を系列に持つ会社であれば、「せっかく申し込みが入ったのだから、手数料収入も入るので、何とか審査をOKにしよう。」という意識がどうしても働きます。

しかし、当社のようなオーナー様だけの代理を行う会社であれば、入居の申し込みに対して冷静に判断することができます。
契約の締結
契約書の作成、明細書の作成、入居必要書類の受領、決済金の受領代行、火災保険の加入促進等などを行います。

書類作成はそれ自体一苦労な作業です。しかし、以上の事を事前にしっかりと行うことが、お客様とのもしものトラブルを未然に防止し、且つ、最小限の労力で解決へと繋げる、入居後のもっとも大切なお約束事となります。現在賃貸住居においては、様々なトラブルが発生し、明確に解決する判例は、日々変化しております。

当社では、賃貸管理における多くの経験により、プロとしてのノウハウを活用し、且つ常に最新の情報を収集し、弁護士様との密なる連携により絶えず時代に反映した契約書類を作成することにより、様々な問題防止に取り組んでおります。

ご入居者様と、オーナー様の良好な関係を保つ上にも、契約書類の適切な提携ないし、保険等への加入促進は大きな役割となります。